ホームへ

01kitakyu.titlekatsudo


電子申告セミナー開催  
  〜 参加見込人員をオーバーする大盛況 〜


 平成15年も残すところあと1ヶ月となり、多事多忙な1年間でありました。当地区会の平成15年最後の行事として研修会を開催しました。
 日本国内のあらゆる行政手続が電子化されて2005年度末までにe−Japan化することとなり、国税関係も諸申請届出手続が平成16年2月の名古屋国税局管内を皮切りに電子化が始まります。
 当地区会ではこれに対応した「電子申告セミナー」を12月2日(火)に北九州国際会議場で開催しました。講師はMJS本社のe−Japan推進室笹正博氏にお願いしました。当初の参加見込人員をオーバーした出席者数となり、会場の部屋を変更した為、来場者に会場(室)の案内をしなければならない盛況でした。午後1時から3時迄途中の休憩もなく出席者は聴講しておりました。午後3時に予定どおり終講して、質問のある人は残って講師と質疑を重ねていました。
 引き続き午後3時15分からは事務所職員対象の「年末調整」についての研修会も開催され、終日の勉強会となりました。


[ 北九州地区会 富下 義雄 ]

夏のゴルフコンペ  
  〜 ビールなしの表彰式は寂しい? 〜


 今年の梅雨は、いつ止むとも知れない長雨でしたが、7日続きの雨が1日だけ曇天となった7月10日に小倉カンツリークラブでゴルフコンペができました。それでも当日は1〜2時間だけお義理の様に雨が降り、運の悪いパーティは梅雨の洗礼を受けました。翌11日から再び雨続きです。税理士会各支部の行事等が重なり、参加者は過去最低の14名になりました。競技成績は別表のとおりですが、ダブルペリアのハンディキャップで競技をしても上手な人はやはり上位となりました。久し振りに九州に帰って来たMJSの末松氏の上達振りに驚きました。ドラコン、ニヤピンを獲得し、スコアも100を切る勢いでしたが、隠しホールの利用に失敗して上位入賞ができませんでした。今後はうっかりチョコレートを賭けたりはできないと知りました。
 近来は飲酒運転の取締りが厳しく、表彰パーティもビールなしで早々と終了し、次回を期待して散会しました。当地区会総会を8月4日に門司港ホテルにて開催しますが、総会の講演に郷土史家をお招きしてNHKドラマの宮本武蔵のお話を拝聴する予定です。また、対岸の巌流島に渡り、上陸して小次郎との対決の跡も訪ねる計画もしました。ゴルフ競技の後は剣聖対決の史跡と北九州地区会は忙しいことです。

■競技成績表
順位氏名HDNETグロス
優勝千田久光8714.472.6
準優勝山内英行11336.077.0
3位山本昭男9518.077.0
4位原田正一10224.078.0
5位山名重樹10728.878.2
6位富下義雄11334.878.2
9位森誠二11736.081.0


ベストグロス賞…千田久光
ドラコン賞…小林國義・末松康幸
ニアピン賞…山本昭男(2個)・千田久光・末松康幸


[ 北九州地区会 富下 義雄 ]

小次郎は舟島に眠る?  
  〜 北九地区会の総会での雑感 〜


「まだか。まだ来ぬのか」
と小次郎が言ったかどうか?そんな時間、武蔵は対岸の門司港で二刀流を構え、そして、静かにその構えを解いた。汗ばむ陽気の中、しばらくしてその構えを静かに解くと、いずこからか次元を超越したような奇妙な船が眼前に姿を現した。
 北九州地区会の総会は、そんな印象で始まりました。会に先立ち、研修が行われたのですが、目的地は所謂「巌流島」。正式には「舟島」と呼ばれるその島に歴史を探しにゆくため、宇宙艦隊戦艦ならぬ観光船「ボイジャー」への乗船を待っていたときの感想です。参加者は、「待ちかねたぞ」とばかりに冷房の効いた船内に乗り込み、待ちかねているであろう小次郎の眠る場所(?)巌流島へと向かいました。今は島の片方が埋め立てられてかなり広くなっており、夏の盛りに歩いて見物するのはいささか苦行に感じられたのは修行の足りないせい?それでも小次郎の塚を訪れ、些少なりとも歴史を感じては来ました。早々に島を離れ、門司港ホテルの総会会場へと戻り、「巌流島」の印象が薄れないうちに「歴史と伝承で語る 武蔵と小次郎」の著者“田郷利雄”氏の講演をお聞きしました。話はとても印象深く、巌流島の決闘がドラマで知っていたものといささか違っていると言うところでは特に大きな興味を抱きました。詳細を書くスペースはありませんが、ドラマはドラマとして楽しめるけれど「事実は小説より・・・」と言う言葉を改めて感じました。
 居眠りをする間もなく総会が始まりましたが、特に問題がなかったせいかあるいは「武蔵と小次郎」の講演の印象が強かったせいか、何事もなく無事議案審議は終了しました。
 総会終了後の懇親会でもあちらこちらで「武蔵」「小次郎」の話が花を咲かせていたかなという印象で、楽しく、有意義な半日を過ごしました。
 コンピュータ社会となったこの頃、時には遠い過去に思いを馳せ、歴史の中に身を置くのもまた貴重な一時ではないでしょうか。

[ 北九州地区会 片山 和博 ]

秋のゴルフコンペ  
  〜 スコアよりも親睦優先! 〜


 北九州地区会主催の親睦ゴルフコンペが、11月19日(水)福岡県嘉穂郡頴田町の北九州カントリークラブで開催された。このゴルフ場は、オープンの時のコースが数年前に大規模に改修され、コースも良く整備されていた。当日は各支部、色々な行事が重なり、出席者は残念ながら3組11人と少々さびしいものであった。絶好のゴルフ日和とはいかなかったが皆スコアを気にせず、のびのびと和気あいあいのプレーを楽しんだ。表彰式に移り、富下会長の挨拶の後、出席者少数のため殆んどの人が賞品を授与された。終了後、次回のコンペには多くの出席を期待し、又元気でプレーすることを誓って散会した。成績は次の通りです。

敢えてネットのみとします。
後は皆様のご賢察のほどを。

順位氏名ネット
優勝小林敬介75
2位山内英行77.6
3位富下義雄80.4
ベストグロス原田正一−−



[ 北九州地区会 山名 重樹 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.