ホームへ

01kitakyu.titlekatsudo


研修会「法人税申告書作成の基礎」  
  〜 パソコンの偉大さと基礎の大切さ 〜


 平成27年4月14日(火)新小倉ビルにおいて、税理士でMJS税経システム研究所客員研究員の森下治氏を講師にお招きし、5時間にわたり「法人税申告書作成の基礎」というテーマで研修会が開催されました。
 法人税申告書の作成手順、関連性を理解する為の基礎知識習得が出来るという大変充実した時間でした。基礎知識ということで研修資料の中に手書き用の申告書があり、犧から手書きで法人税申告書を作成しましょう瓩噺世錣譴襪里任呂覆いと心配しました。
 近年、法人税申告書はパソコンで作成することが主流になり、目の前に真っ白な法人税申告書を出されると意外にも頭を悩まされる部分が…
 例えば、別表五(二)の租税公課では、損金不算入と損金算入の項目という基本的な事で考え込んでしまい、特に前期確定分が損金算入になる事業税は要注意だと思いました。他にも別表五(一)と株主資本計算書との関連性等、ぼんやりと分かってはいるけど大事な基礎項目としてしっかり復習出来た事も大きな収穫でした。
 パソコン作成の法人税申告書は本当に出来ているのか?という不安と緊張が付きまといます。作成手順と関連性さえ分かっていれば、パソコンが作成した申告書でも、どこを確認すべきかが分かる為、電子申告直前の不安と緊張を和らげてくれることを再認識させられました。

[ 北九州地区会 百衣智雄税理士事務所 塚元 貴之 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.