ホームへ

05nagasaki.titlekatsudo


研修「グループ法人課税」  
  〜 適用めぐる留意点を学ぶ 〜


 長崎地区会では、平成23年10月13日(木)長崎市の長崎商工会議所2階で、講師に税理士でMJS税経システム研究所客員研究員の植田卓氏をお迎えし、「グループ法人課税制度の適用をめぐる実務上の留意点」というテーマで研修を開催いたしました。
 当日は35名が受講し、当事務所からは2名の職員が受講しました。研修の内容につきましては、第一部「グループ法人課税と完全支配関係」、第二部「グループ法人課税制度における実務上の留意点」に、分かれていました。「グループ法人課税と完全支配関係」では、制度の目的から事例を使っての完全支配関係の判定などを中心に、また「グループ法人課税制度における実務上の留意点」では、譲渡損益調整資産の範囲や繰り延べた譲渡損益の事後処理などを、法令や質疑応答事例などと併せて解説していただきました。間違いやすい点など詳しく学ぶことができ、改めて気を付けなければと思いました。


[ 草野恒史税理士事務所 海端 友美 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.