ホームへ

05nagasaki.titlekatsudo


研修会「最近の裁決のポイント(消費税)〜課税庁、審判所の傾向を検証して〜」  
  〜 消費税の裁決例を学ぶ 〜


 平成26年8月22日(金)長崎商工会議所にて、MJS税経システム研究所客員研究員の藤井茂男氏をお招きし、「最近の裁決のポイント(消費税)」をテーマに研修会を開催いたしました。
 最近の税理士賠償責任保険の支払事由は消費税に関するものが圧倒的に多く、注意が必要である。裁決例を勉強することによって、課税庁や審判所の傾向がつかめるというお話が冒頭にありました。
 具体的な内容は
・Web広告の対価性
・消費税の事業者の判定
・建物の完成・引渡し基準
・派遣労働者に支払う対価
・帳簿等の保存とやむを得ない事情
・隠ぺい・仮装行為と認めた事例
 などで、12件の裁決事例を取り上げていただきました。
裁決事例の要旨、概要、法令、争点、関係者の主張、裁判所の判断などをわかりやすく解説していただき、消費税に関する理解がより深まったと思います。


[ 長崎地区会 野崎 地平 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.