ホームへ

05nagasaki.titlekatsudo


研修会「遺贈と遺産分割に係る相続税の実務」  
  〜 関心の高さを表わす研修会 〜


 11月17日(月)長崎商工会議所において「遺贈と遺産分割に係る相続税の実務」というテーマで、MJS税経システム研究所客員研究員で税理士の武田秀和氏をお招きし3時間の認定研修が行われました。
 相続税の改正で相続税申告の案件が増加するということで当日24事務所38名の出席者のうち所長先生が半分以上を占めて今回の改正に対しての関心の高さを表していました。研修の理解を深めるためには、先ず相続に関する民法の規定の理解が必要であることから、基本的な説明に時間が充てられました。
 近年は相続人の主張が強く10ケ月の間に分割協議が終わらないことが多く、未分割で申告を提出するケースが増えています。その未分割で申告した場合のデメリット、税理士のリスクについて後半の時間詳しい説明がありました。
 その中で特に我々税理士が注意しておかなければならないところを以下抜粋して記載しましたので参考にしていただければ幸いです

相続開始

未分割

「相続開始後3年以内の分割見込書」
 → 相続税の申告期限(相続開始の翌日から10ケ月)
 → 申告期限後3年を経過する日における事情
 → 申告期限後3年を経過する日の翌日
「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」
 → 申告期限後3年を経過する日の翌日から2ケ月を経過する日
 それぞれの期日管理が重要です      (レジュメP.52より)


[ 長崎地区会 岡村 康司 ]

職員親睦旅行  
  〜 佐賀日帰りバスツアー 〜


 長崎地区会では平成26年11月22日(土)、日頃多忙な日々を過ごしていらっしゃる職員の慰労を兼ね恒例の職員親睦旅行を行いました。
 今年は8事務所34名、MJSより7名、合計41名の参加を頂きました。
 当日は、晴天にも恵まれ最高の行楽日和となりました。朝7時45分に長崎を出発し、まずはバスガイドさんの案内により一路多良岳のわさび苑のわさび農園を見学し、その後肥前浜宿に向かいました。道中、バスの中ではMJSさんよりサプライズ抽選会が実施され大いに盛り上がりました。肥前宿浜では観光酒造見学にて試飲をし、地元ガイドさんの案内で散策を楽しみました。その後、次の目的地有田ポーセリンパークにてランチバイキングを済ませた後、陶芸絵付け体験にて、湯飲みに絵付けをして楽しみました。皆さん童心に返り、あっという間に時間が経過しました。参加された皆様も日頃の疲れを忘れて秋の1日を満喫できたことと思います。来年もまた楽しい職員親睦旅行を企画いたしますので是非ご参加のほどよろしくお願いします。
 今回の親睦旅行では、MJSの支社長はじめ社員の皆様には色々とお世話をいただき誠にありがとうございました。


[ 長崎地区会 今村 茂雄 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.