ホームへ

07ohita.titlekatsudo


大分トリニータ観戦ツアー  
  〜 エスパルス相手にハラハラ・ドキドキ 〜


 大分には何がある?と聞かれ、トリニータがある、と胸を張って答えることができるJ1リーグ九州唯一のサッカーチームがある。
 大分トリニータは、現在のところ非常に調子が良く、リーグ戦ホームゲーム6連勝と波に乗っている。そんなチームを応援すべく九州ミロク会計人会大分地区会により、大分トリニータ観戦ツアーが開催された。
 時は8月9日(土)、場所は九石ドーム。対戦相手は、強敵、清水エスパルスだ。今シーズンは、下位に低迷しているものの、侮れない相手である。わが家族(5名うち子供3名)も全員サッカー好きで、特に1番下の子は大のトリニータファンである。今日は、いつもより良い席で応援できるとあって、ひときわ張り切っている。


 いよいよ試合が始まった。前半は、単調な攻めで、点を取るどころか、あっという間に2点を取られてしまった。この先どうなるのだろうかと心配したが、後半、2点を取り返して、何とか引き分けに持ち込んだ。ハラハラ、ドキドキ、手に汗握る、何とも胃の痛いゲームであった。
 それはそうと、ドームに向かう途中、道が混んでいて、試合時間には間に合ったものの集合時間を大幅にオーバーした。スタッフの皆さんにたいへん迷惑を掛けてしまい、あやうくレッドカードだった。


 この原稿が読者の皆様の目に触れるころ、大分トリニータはいったい何位に位置しているだろうか。わが郷土の誇り、がんばれ大分トリニータ。


[ 大分地区会 泉 比呂志 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.