ホームへ

07ohita.titlekatsudo


研修「個人課税の誤りやすい点について」  
  〜 税法のプロであることを再認識 〜


 平成22年11月18日(木)大分市のiichiko総合文化センターにおいて大分地区会の研修が行われました。
 当研修会は、講師に税理士でMJS税経システム研究所客員研究員の植田卓氏をお招きし、「個人課税の誤りやすい点について」と題して開催されたものです。
 講義は、牴畴度の還付申告書の提出期限瓩ら始まる8設例を中心に行われました。特に還付期限については、相続財産として年金形式で受け取る死亡保険金についての最高裁判決が出たことから、所得税の還付に関してはその期限について注意したいところです。
 講義では、税法の条文を読み込みその法的根拠を明らかにしていくというスタイルで行われ(そのため、テキストと参考条文が別冊子になっている)、われわれ税理士がいかに税法のプロであるべきかを再認識させられた有意義な研修でした。
 また、誤りやすいチェックポイントとして62項目を挙げられ、これから個人の確定申告に突入して行くにあたって気持ちを引き締める良い機会となりました。


[ 大分地区会 梶原 康弘 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.