ホームへ

07ohita.titlekatsudo


今年のバスツアー 意外な展開!  
  〜 予定変更で両子寺の紅葉を楽しむ 〜


 平成24年11月17日(土)大分地区会の恒例となりました9回目の日帰りバスツアーを行いました。今年は、かつて勝海舟も上陸したといわれる「姫島」の旅です。
 姫島は、国東半島のほぼ北、周防灘を望む瀬戸内海国立公園内にある周囲17km、面積6.87k崢の小さな島です。人口は、2千人程度で、産業は、車えびの養殖と狐の格好をして踊る盆踊りで有名な観光の村でもあります。
 私は、一度も姫島に行ったことがなかったので、この機会に家族で参加させていただきました。期待が高まる中、我々を乗せたバスは大分駅を出発しました。ところが、天気予報どおり、とうとう雨が降り始めました。小雨混じりの中、バスは伊美(いみ)港に到着しました。ここからは、フェリーで約20分の船旅です。それでも、デッキに出て船上からの景色を堪能しました。
 姫島に上陸すると、我々は島で1つしかないという信号機を通って食事処に向いました。楽しみにしていた車えびの昼食です。舌鼓を打った後は、本来ならレンタサイクルで島内を巡るはずでしたが、予定を急きょ変更し、国東半島のほぼ中央に位置する両子寺(ふたごじ)に行くことになりました。
 バスが両子寺に着いた頃には雨もほぼ止み、ちょうどシーズンの紅葉が色艶やかに我々を出迎えてくれました。寺は、たくさんのツアー客で賑わっていました。その中で、我々はゆっくり寺内を散策し、雨に濡れた艶やかな紅葉を愛でることができました。
 今回、姫島はあまり観光できなかったのですが、意外な展開で、雄大な秋の風情を満喫することができた楽しい旅でした。スタッフの皆様大変ありがとうございました。姫島観光はまたの機会に楽しみに取っておきます。


[ 大分地区会 泉 比呂志 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.