ホームへ

07ohita.titlekatsudo


研修会「役員給与をめぐる法人税の実務」  
  〜 役員給与の税務処理をわかりやすく解説 〜


 平成25年11月20日(水)、大分市のiichico総合文化センターにおいて九州ミロク会計人会主催による研修会が行われました。
 当研修会は、講師に税理士でMJS税経システム研究所客員研究員である植田卓氏をお招きし、「役員給与をめぐる法人税の実務」と題して開催されました。
 講義は、猝魄給与損金不算入の壁に開けられた6つ窓瓩箸いΕ罐法璽な視点から、すなわち「定期同額給与」「事前確定届出給与」「利益連動給与」「役員退職給与」「ストックオプション」「使用人兼務役員給与」の其々を論じてゆくというものでした。 我々税理士が関与している顧問先は特に役員給与をうまくコントロールすることが非常に重要なので、講義を聴く身にも力が自然と入ってゆくのを覚えました。
 講義では、税法の条文を読み込みその法的根拠を明らかにしていくというスタイルで行われ(そのため、テキストと参考条文が別冊子になっている)、われわれ税理士がいかに税法のプロであるべきかを再認識させられた有意義な研修でした。


[ 大分地区会 梶原 康弘 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.