ホームへ

07ohita.titlekatsudo


記念講演会「税務調査における手続と主張」  
  〜 あっという間の3時間 〜



 平成28年6月24日(金)、大分市のiichiko総合文化センターにおいて九州ミロク会計人会大分地区会の第14回定期総会及び記念講演会が開催されました。
 まずは定期総会に先立ち記念講演会が行われました。講師は、大分ではすっかりお馴染みとなりました税理士でMJS税経システム研究所客員研究員の藤井茂男先生で、今年の講演会のテーマは「税務調査における手続と主張〜法律に基づく主張の準備〜」でした。平成23年の国税通則法の改正に伴い税務調査の手続きが法令上明確化されましたが、それを踏まえ、講演では、(1)調査手続きの何がどのように変わったのか、また(2)それにより調査手法がどのように変わったのか、(3)我々税理士がどのように主張していく必要があるのか等々を具体的な事例を交えて一つずつ丁寧に解説していただきました。約3時間に及ぶ長時間の講演でしたが、参加された会員はみな熱心に耳を傾けていました。
 講演会終了後、引き続き午後5時15分から定期総会が開催されました。赤川治之大分地区会会長の挨拶の後、同会長の議事進行のもと、早速議案審議に入りました。まず事務局より平成27年度の事業報告及び決算報告についての説明が行われ、審議の結果、全会一致で承認可決されました。次に、平成28年度の事業計画案及び予算案について、こちらも事務局より提案があり、全会一致で承認可決されました。
 議案審議終了後、来賓の方々からの祝辞があり、続いて、ミロク会計人会事務局より第41回全国統一研修会(四国大会)の紹介と案内が行われ、定期総会は無事終了しました。
 定期総会の後は、恒例の懇親会が大分市千代町にある日本料理店「うを清」にて行われました。本日の講演会講師や来賓の方々、事務局も参加され、会場は地元の美味しい料理と飲み物とで大いに盛り上がりました。

[ 大分地区会 泉 比呂志 ]

大分地区会ゴルフコンペ  
  〜 法律に基づく主張の準備!? 〜



 平成28年6月25日(土)、例年の如く、どんよりと曇った梅雨空のもと、11名の方が参加され、「九州ミロク会計人会大分地区会」の親睦ゴルフコンペが開催されました。
 前日は、大分地区会の記念講演会、定期総会、懇親会が開催され、残念ながら小生は「飲んだら乗るな」でアルコールを口にしませんでしたが、何やかんやで睡眠不足のまま、当日のゴルフを迎えました。
 自宅から1時間をかけて、会場である大分富士見カントリー倶楽部へ向かいました。車中、前日の記念講演会での藤井先生による「法律に基づく主張の準備」が曇空のようにどんよりと、頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消えという状態でした。ゴルフ場に着いて他の先生のお顔を拝見した途端、藤井先生が話されたかどうかは定かではありませんが「無予告現況調査では、税理士の立ち合いは不要である…」の言葉が、突然思い出され、脳裏に焼き付いてしまいました。
 さすがに「今日は、ゴルフにならないな」とスコア作りを諦めていましたが、終わってみれば、ハンデにも恵まれ、他の先生方のスコアが伸び悩んでおられたお蔭で優勝させて頂きました。豪華賞品ありがとうございました。

[ 大分地区会 矢部 正秋 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.