ホームへ

07ohita.titlekatsudo


「所得拡大促進税制」をテーマに研修会開催  
  〜 具体例を交えて分りやすく解説 〜


 大分地区会では、平成30年10月23日(火)J:COMホルトホール大分において、MJS税経システム研究所客員研究員で税理士の西野道之助氏をお迎えし、「所得拡大促進税制の実務・平成30年度改正の確認」と題して研修会を開催しました。
 研修内容は、前半に、平成29年度決算における所得拡大促進税制の適用要件と実務上の対応についての確認、後半に、平成30年度改正における大企業向け及び中小企業向けの同制度についての確認でした。
 講義はまず、経済産業省・財務省から公表されたQ&A集を基に実務上の問題点に対する解説を行い、その確認作業として、設例を用いて実際に別表(地方税の別表を含む)を作成していくという流れで進められました。
 特に勉強になったことは、平成29年度決算までの取扱いと平成30年度からの取扱いの違いがはっきり確認できたことです。例えば、継続雇用者の定義及び継続雇用者給与等支給額の算出方法が全く異なっているという点、また、平成30年度改正で「賃上げと設備投資の促進」という目標に向けた制度の適用が大企業と中小企業とでは大きく異なっているという点、結果として、別表の記載自体が大きく異なっているという点でした。
 我々税理士は、改正がある度に目まぐるしく変化する税制に対して的確に対応していかなければなりません。今回の講義では、そのような税制改正の中から特に変化の激しい所得拡大促進税制について、具体例を交えて非常に分りやすく解説していただきました。


[ 大分地区会 泉 比呂志 ]

ボウリング大会  
  〜 10回目の記念すべき大会 〜



 台風19号と20号が相次いで日本に上陸した合間の平成30年8月23日(木)にタワーボール萩原においてボウリング大会が開催されました。
 普段はなかなかボウリングをする機会が無くなってきていますが、ここ数年は事務所での忘年会の余興とこのミロク主催のボウリング大会の2回は学生時代を思い出しボウリングを楽しめる貴重な機会となっています。
 当日は2つの台風の影響なのか雨が降ったかと思えば晴れ間がのぞくといった不思議な天候でしたが、大会会場へ向かう道中には綺麗な虹を見ることができ、なんだか得をした気分でした。
 この親睦を兼ねたボウリング大会は今回で10回目という事で、記念すべき大会でしたが、長い盆休みの影響もあってか参加者は少なめの7名。
 少し寂しい感じもありましたが、人数が少ない分他の参加者やミロクの大分支社の方々の投球もじっくり見ることができたので楽しくプレーできました。
 肝心のスコアは第1ゲームの10フレームを全てストライクのパンチアウト、第2ゲーム10フレームをスペアの後ストライクと最後にうまく帳尻を合わせる事ができ幸運にも優勝する事ができました。
 せっかく10回目まで続いた大会ですので、これから20回、30回と続いていってほしいと願っています。


[ 大分地区会 溝口会計事務所 内田 眞悟 ]

大分地区会 バス旅行「離島・姫島観光」  
  〜 姫島七不思議に触れて 〜


 平成30年10月13日(土)、大分地区会恒例の秋のバス旅行が開催されました。私は事務所にお世話になってまだ数ヶ月。ドキドキしながら子供2人と参加させていただきました。
 今年は「離島・姫島観光」。姫島をじっくり観光するのは初めてなのでとても楽しみでした。
 気持ちの良い秋晴れの天候の中、バスで伊美港へ向かいました。フェリーで姫島まで渡り、島内を観光しました。伝説の島と言われる姫島にはお姫様にまつわるものなど数多くの言い伝えがあり、姫島七不思議として語り継がれているそうです。手を打つと湧いて出てきたと言われる「拍子水」を飲んだり、お姫様が置いた猪口と筆を置いた跡が残るという「かねつけ石」などを見たりしました。そして、珍しい渡り蝶「アサギマダラ」がちょうど南方から休憩で姫島にたくさんやって来ていました。華麗に舞う姿は本当に美しかったです。昼食はもちろん車エビです。まだ生きている車エビを食べるのは大変でしたが、格闘した末ぷりぷりで新鮮な味を堪能出来て大満足!
 帰りには両子寺で色づき始めた紅葉と厳かな雰囲気を味わい、萱島酒造で蔵見学と試飲を楽しみました。家に一本買って帰り、その夜に姫島のたこわさと一緒に美味しくいただきました。
 移動のバスの中ではビンゴ大会やミニクイズ大会で大変盛り上がりました。観光中はスタッフの方が子供達の相手をしてくださったりと大変お世話になりました。
 初めてのバス旅行、最高の天気とスタッフの方々のお陰で楽しい一日となりました。本当にありがとうございました。


[ 大分地区会 甲斐 美和 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.