ホームへ

08miyazaki.titlekatsudo


研修会「役員給与をめぐる法人課税の実務」  
  〜 判例や事例を交えながら解説 〜


 宮崎地区会では、令和元年9月24日(火)宮崎市において、植田卓氏を講師にお招きし「役員給与をめぐる法人課税の実務」と題し、研修会を開催いたしました。
 税務実務に直結する内容であり、税務調査時に問題提起がなされることが多いテーマであることから、基礎的事項の確認も含め注意深く聴講しました。特に、役員退職給与の計上については、法人所得・法人税額、受給役員の所得税額に多額の金額的齟齬を来すため、慎重かつ確実な処理を行うことが必要であると再認識いたしました。
 講義内容は、基礎的事項等の確認も含め、関連する法人税法、基本通達、会社法等の解説から始まりました。
 また、幾つかの個別事例については、判例や裁決事例をも含め詳細な解説をいただき、とても参考となりました。
 事業承継が進められる中、先代経営者の退職金も含め、当該役員の給与をめぐる法人課税の実務の必要性・重要性は高まるばかりと思います。今後とも裁決、判例等の情報の収集に努め、適正な税務処理を行っていくうえで、当研修は有意義な時間となりました。
 植田氏には、明解で熱心なご講義をいただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。

[ 宮崎地区会 三宅 俊次 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.