ホームへ

09kagoshima.titlekatsudo


研修会「2019年10月からの消費税の税額計算と申告書等の書き方」  
  〜 あっと言う間の3時間 〜


 鹿児島地区会では、令和元年10月10日(木)午後1時30分から、城山ホテル鹿児島において、MJS税経システム研究所客員研究員で税理士の長野匡司氏を講師にお迎えして『2019年10月からの消費税の税額計算と申告書等の書き方』をテーマとする南九州税理士会認定の3時間研修を開催しました。
 10月1日から、消費税率10%への引き上げと同時に軽減税率制度が導入され、マスコミからも『なにかと分かりにくい』と、随分たたかれるなど大きな話題となった直後の研修会ではありましたが、実務家として実にタイムリーなテーマでありました。
 研修資料については、「テキスト編」と「国税庁資料編」の2冊を用意していただき、インボイス制度導入前(区分記載請求書等保存方式)の新しい申告書の書き方を中心に、具体的事例により、電卓を用いての講義でした。
 きめ細かいレジュメと長野先生の懇切丁寧な説明ぶりに聴講者全員よく理解できたものと思っております。


[ 鹿児島地区会 小川 廣之 ]

ページの先頭へ
Copyright (C) kyushu miroku kaikeijin kai. All Rights Reserved.